技術情報

軽量簡易グラブ採泥器

掲載日:2020.07.22

商品紹介

採泥風景

好評の軽量簡易グラブ採泥器(特許第 6159648 号)に、新たにミニタイプを用意いたしました。
軽量簡易グラブ採泥器は、これまでの採泥器と同じグラブサイズを維持しつつ軽量化したこと、
採泥器が海底に着いたらロープを引き上げるだけという簡単操作が特徴です。

採泥面積が、スミスマッキンタイヤ型採泥器と同じスタンダードタイプ、エクマンバージ式採泥器と同じミニタイプを用意しました。
スタンダードタイプは付属の錘を付け替えることで砂から軟泥まで幅広い性状の採泥に対応します。
ミニタイプは軽さを重視した採泥器で、ボートからの採泥などに向いています。
ようと応じたタイプをお選びください。

(主な活用法)

水域(沿岸、干潟、河川、湖沼など)の堆積物調査
堆積物中の生物調査(分布調査、多様性解析など)
水路の活性汚泥調査
大学の教育および研究活動

採泥器

(仕様)

                        

スタンダードタイプ

本体材質:ステンレス
空中重量:約9kg
採泥面積:0.05m2
付属品:錘1Kg(ステンレス製)×4個
軟泥は錘なし、砂では地盤の硬さに合わせ2~4kgの錘を追加してください。

採泥器

ミニタイプ

本体材質:ステンレス
空中重量:約5.7kg
採泥面積:0.04m2
付属品:なし
ご要望に応じて採泥器の重量を重くすることが可能です。お気軽にご相談ください。

※お問い合わせはこちら
※パンフレットはこちら

一覧に戻る